「この国の苦しさの正体」和田秀樹著

公開日:

 日本人は空気を読み、タテ関係の序列を乱すことを恐れ、逸脱したものを叩く。こうした同調圧力は、政治の世界にも及び、国会では強行採決や疑惑隠しが平然と行われる。それでも安倍政権、自民党の支持率があまり落ちないのはなぜか。

 精神科医の著者は、日本人が極めて感情的になっていることが原因だと指摘する。人間の言動に影響を与えるのは、相手に嫌われたくないという「不安感情」。その不安感情から、自分の意見や考えと違っても周りに合わせてしまったり、幸せを追い求めるより損をしたくない、不幸になりたくないという理由から変化を忌避してしまう。

 感情の奴隷と化した日本人の現状を分析しながら、この「感情支配社会」を生き抜く方法を解説する。

 (朝日新聞出版 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る