「この国の苦しさの正体」和田秀樹著

公開日:

 日本人は空気を読み、タテ関係の序列を乱すことを恐れ、逸脱したものを叩く。こうした同調圧力は、政治の世界にも及び、国会では強行採決や疑惑隠しが平然と行われる。それでも安倍政権、自民党の支持率があまり落ちないのはなぜか。

 精神科医の著者は、日本人が極めて感情的になっていることが原因だと指摘する。人間の言動に影響を与えるのは、相手に嫌われたくないという「不安感情」。その不安感情から、自分の意見や考えと違っても周りに合わせてしまったり、幸せを追い求めるより損をしたくない、不幸になりたくないという理由から変化を忌避してしまう。

 感情の奴隷と化した日本人の現状を分析しながら、この「感情支配社会」を生き抜く方法を解説する。

 (朝日新聞出版 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る