• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「この国の苦しさの正体」和田秀樹著

 日本人は空気を読み、タテ関係の序列を乱すことを恐れ、逸脱したものを叩く。こうした同調圧力は、政治の世界にも及び、国会では強行採決や疑惑隠しが平然と行われる。それでも安倍政権、自民党の支持率があまり落ちないのはなぜか。

 精神科医の著者は、日本人が極めて感情的になっていることが原因だと指摘する。人間の言動に影響を与えるのは、相手に嫌われたくないという「不安感情」。その不安感情から、自分の意見や考えと違っても周りに合わせてしまったり、幸せを追い求めるより損をしたくない、不幸になりたくないという理由から変化を忌避してしまう。

 感情の奴隷と化した日本人の現状を分析しながら、この「感情支配社会」を生き抜く方法を解説する。

 (朝日新聞出版 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る