「安楽死で死なせて下さい」橋田壽賀子著

公開日:

 国民的ドラマ「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」で知られる人気脚本家による往生論。

 自分が死ぬなど考えたこともなかったが、90歳になって仕事も減り、他に考えることもなくなったら、死を意識するようになったという。92歳の今は、生きていても、もう人の役に立たないから、安楽死が可能なら今すぐ、死にたいとまでいう。夫も先立ち、子供もなく、天涯孤独の身だから、生きていて欲しいと望んでくれる人もいない。ただ、他人に面倒はかけたくないから、死に方とその時期の選択ぐらい自分でしたいと願う。

 自分の人生を振り返りながら、こうした考えに至った経緯を記し、自分の死に方を自分で選べる社会の実現を提唱する。

 (文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る