「安楽死で死なせて下さい」橋田壽賀子著

公開日:

 国民的ドラマ「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」で知られる人気脚本家による往生論。

 自分が死ぬなど考えたこともなかったが、90歳になって仕事も減り、他に考えることもなくなったら、死を意識するようになったという。92歳の今は、生きていても、もう人の役に立たないから、安楽死が可能なら今すぐ、死にたいとまでいう。夫も先立ち、子供もなく、天涯孤独の身だから、生きていて欲しいと望んでくれる人もいない。ただ、他人に面倒はかけたくないから、死に方とその時期の選択ぐらい自分でしたいと願う。

 自分の人生を振り返りながら、こうした考えに至った経緯を記し、自分の死に方を自分で選べる社会の実現を提唱する。

 (文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る