• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「安楽死で死なせて下さい」橋田壽賀子著

 国民的ドラマ「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」で知られる人気脚本家による往生論。

 自分が死ぬなど考えたこともなかったが、90歳になって仕事も減り、他に考えることもなくなったら、死を意識するようになったという。92歳の今は、生きていても、もう人の役に立たないから、安楽死が可能なら今すぐ、死にたいとまでいう。夫も先立ち、子供もなく、天涯孤独の身だから、生きていて欲しいと望んでくれる人もいない。ただ、他人に面倒はかけたくないから、死に方とその時期の選択ぐらい自分でしたいと願う。

 自分の人生を振り返りながら、こうした考えに至った経緯を記し、自分の死に方を自分で選べる社会の実現を提唱する。

 (文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る