• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「江戸の『事件現場』を歩く」山本博文監修

 江戸で起きた各事件が現在の東京のどの場所で起きたかを案内してくれる歴史散歩ガイドブック。

 軍学者由井正雪とその一派が幕府転覆を謀った「慶安の変」(慶安4=1651年)。その事件の背景にあった浪人問題などを解説した上で、正雪の軍学塾「張孔堂」があった神田連雀町=現在の神田須田町1丁目や、正雪の片腕だった宝蔵院流槍術師範・丸橋忠弥の道場があったとされるJR水道橋駅近くの「忠弥坂」などを古地図や現在の地図とともに案内する。

 そのほか、幕府放火説まである「明暦の大火」(明暦3=1657年)など22の事件現場を収録。さらに、時代小説や時代劇の現場、剣客の道場、江戸の著名人たちの住居など、東京の街中に江戸を見つける散歩のススメ。

(祥伝社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る