「緑の窓口」下村敦史著

公開日: 更新日:

 区役所職員の天野は、公園で変な美女を見かけた。園内の桜の開花時期が違うと聞いて突然桜に張り付き、公園の管理者に、これはソメイヨシノだから開花時期が違うのは病気かもしれないと言う。数日後、天野は「緑の窓口」に異動になった。樹木に関するトラブルに対処する窓口だ。庭のスギを切りたいのに姑が反対しているという相談があったので大河内家に行ってみたら、公園で見た美女がいた。樹木医の柊紅葉で、こんな立派なスギは珍しいという。大河内夫人は、日当たりが悪くなるし近所にも迷惑だと言うが、姑は花屋で働いているのに花言葉も知らないくせに、と反論する。(「症例1」)

 樹木に寄せる思いを読み解く6編のミステリー。

(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る