• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「緑の窓口」下村敦史著

 区役所職員の天野は、公園で変な美女を見かけた。園内の桜の開花時期が違うと聞いて突然桜に張り付き、公園の管理者に、これはソメイヨシノだから開花時期が違うのは病気かもしれないと言う。数日後、天野は「緑の窓口」に異動になった。樹木に関するトラブルに対処する窓口だ。庭のスギを切りたいのに姑が反対しているという相談があったので大河内家に行ってみたら、公園で見た美女がいた。樹木医の柊紅葉で、こんな立派なスギは珍しいという。大河内夫人は、日当たりが悪くなるし近所にも迷惑だと言うが、姑は花屋で働いているのに花言葉も知らないくせに、と反論する。(「症例1」)

 樹木に寄せる思いを読み解く6編のミステリー。

(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る