「緑の窓口」下村敦史著

公開日:  更新日:

 区役所職員の天野は、公園で変な美女を見かけた。園内の桜の開花時期が違うと聞いて突然桜に張り付き、公園の管理者に、これはソメイヨシノだから開花時期が違うのは病気かもしれないと言う。数日後、天野は「緑の窓口」に異動になった。樹木に関するトラブルに対処する窓口だ。庭のスギを切りたいのに姑が反対しているという相談があったので大河内家に行ってみたら、公園で見た美女がいた。樹木医の柊紅葉で、こんな立派なスギは珍しいという。大河内夫人は、日当たりが悪くなるし近所にも迷惑だと言うが、姑は花屋で働いているのに花言葉も知らないくせに、と反論する。(「症例1」)

 樹木に寄せる思いを読み解く6編のミステリー。

(講談社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る