「おふるなボクたち」中島たい子著

公開日:  更新日:

 泥棒仲間も一目おく橋田は、怖いものなし。最新の警備システムもものともせず、狙った獲物はどんなものでも盗み出す。スーツで仕事をする橋田は仲間から「会社員」と呼ばれていた。狙った女性も必ず自分のものにしてきたが、女性は盗品と違って捨てるのに苦労するので、最近は食指が動かない。

 そんなある日、橋田は高校時代の同級生・奈都子と再会し、恋におちる。初めて失いたくないものを手にした橋田は、足を洗い、知識を生かして錠前やセキュリティー機器を製造する会社に就職。結婚を前に、奈都子が新居に選んだ中古物件は、かつて橋田が泥棒に入った家だった。(「家を盗んだ男」)

 中古住宅の他、車やレコードなど「古いもの」を主役にした短編集。

(光文社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る