老人ばかりのオーケストラに間違って入団し…

公開日: 更新日:

「オケ老人!」荒木源著/小学館文庫 695円+税

 現在日本には、アマチュアオーケストラがざっと1000団体以上あるといわれている。むろん、その中にはプロに近い実力を持つオーケストラもあれば、部活動の延長のようなものもある。本書に登場するのは、そのピンとキリの両極端、しかも同じ町に存在し、もとはひとつのものが分裂したという因縁のあるふたつのオーケストラである。

【あらすじ】中島は高校の数学教師。学生時代にオーケストラでバイオリンを弾いていたが、しばらく音楽から離れていた。ある日、市の文化センターで開催していたコンサートを聴き感動した中島は、再びオーケストラで演奏したいと思い立つ。

 早速「梅が丘」という名を頼りに検索し、入団したい旨を伝えると、即OKの返事を得る。いぶかりながらも翌日練習場に赴くと、そこには立っているのも危ぶまれるような老人ばかり。昨日聴いたはつらつとしたオーケストラとはまるで違う。実は中島が聴いたのは梅が丘フィルハーモニー(梅フィル)で、今いる梅が丘交響楽団(梅響)から分かれたものだという。

 結局、中島は最年少メンバーとして指揮も任されることに。とはいえ梅響の実力は惨憺たるもの。嫌気が差し逃げだそうと思う中島だが、徐々に梅響メンバーの音楽へのひたむきさに打たれていく。 一方、梅フィルは、ある出来事をきっかけに梅響に対して嫌がらせを始め、それは商店街を巻き込む争いに発展していく。さらにロシアからのスパイが、この争いに絡んでくるという事態に……。

【読みどころ】昨秋公開された同名映画の原作。映画では杏が主役で、女性が主人公になっている。男女が変わるだけで、だいぶ味わいも違ってくるもので、本と映画、比べてみることをおすすめする。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る