• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

老人ばかりのオーケストラに間違って入団し…

「オケ老人!」荒木源著/小学館文庫 695円+税

 現在日本には、アマチュアオーケストラがざっと1000団体以上あるといわれている。むろん、その中にはプロに近い実力を持つオーケストラもあれば、部活動の延長のようなものもある。本書に登場するのは、そのピンとキリの両極端、しかも同じ町に存在し、もとはひとつのものが分裂したという因縁のあるふたつのオーケストラである。

【あらすじ】中島は高校の数学教師。学生時代にオーケストラでバイオリンを弾いていたが、しばらく音楽から離れていた。ある日、市の文化センターで開催していたコンサートを聴き感動した中島は、再びオーケストラで演奏したいと思い立つ。

 早速「梅が丘」という名を頼りに検索し、入団したい旨を伝えると、即OKの返事を得る。いぶかりながらも翌日練習場に赴くと、そこには立っているのも危ぶまれるような老人ばかり。昨日聴いたはつらつとしたオーケストラとはまるで違う。実は中島が聴いたのは梅が丘フィルハーモニー(梅フィル)で、今いる梅が丘交響楽団(梅響)から分かれたものだという。

 結局、中島は最年少メンバーとして指揮も任されることに。とはいえ梅響の実力は惨憺たるもの。嫌気が差し逃げだそうと思う中島だが、徐々に梅響メンバーの音楽へのひたむきさに打たれていく。 一方、梅フィルは、ある出来事をきっかけに梅響に対して嫌がらせを始め、それは商店街を巻き込む争いに発展していく。さらにロシアからのスパイが、この争いに絡んでくるという事態に……。

【読みどころ】昨秋公開された同名映画の原作。映画では杏が主役で、女性が主人公になっている。男女が変わるだけで、だいぶ味わいも違ってくるもので、本と映画、比べてみることをおすすめする。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る