「ゴーストマン消滅遊戯」ロジャー・ホッブズ著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 武装強盗のサボ・パクは襲撃した密輸船で狙いをつけたサファイアを見つけたが、それよりも価値のあるブツを見つけた。仲間2人を射殺し、救助ボートで砂浜にたどり着いたパクは、通りかかったバイクの男にペニンシュラまで乗せていってくれと頼む。男は「あんた、救命ボートを使ったのがまずかったんだよ」と言ってパクに銃口を向けた。

 そして、マカオのホテルにいたサファイア強奪計画の首謀者、アンジェラの元にパクの生首が届けられ、その口からサファイア1つと、「盗んだものを返せ」と書かれた100ドル札が出てきた。アンジェラはゴーストマンにメールを送った「われわれの隠れ家で。今すぐ」と。プロの犯罪者、ゴーストマン・シリーズ第2弾。

(文藝春秋 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る