• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゴーストマン消滅遊戯」ロジャー・ホッブズ著、田口俊樹訳

 武装強盗のサボ・パクは襲撃した密輸船で狙いをつけたサファイアを見つけたが、それよりも価値のあるブツを見つけた。仲間2人を射殺し、救助ボートで砂浜にたどり着いたパクは、通りかかったバイクの男にペニンシュラまで乗せていってくれと頼む。男は「あんた、救命ボートを使ったのがまずかったんだよ」と言ってパクに銃口を向けた。

 そして、マカオのホテルにいたサファイア強奪計画の首謀者、アンジェラの元にパクの生首が届けられ、その口からサファイア1つと、「盗んだものを返せ」と書かれた100ドル札が出てきた。アンジェラはゴーストマンにメールを送った「われわれの隠れ家で。今すぐ」と。プロの犯罪者、ゴーストマン・シリーズ第2弾。

(文藝春秋 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る