「つばき」山本一力著

公開日:  更新日:

 寛政元年5月、つばきは浅草で営んでいた一膳飯屋「だいこん」を深川に移す。土地の行事やしきたりを覚えたいつばきは、貸元の弐蔵に教えを請う。そんな時、店に大工の吉蔵と名乗る男が訪ねてくる。吉蔵は深川で名の通った廻漕(かいそう)問屋・木島屋の隠居所の普請を請け負っており、3日後に上棟式のための仕出し弁当を100個届けて欲しいという。注文をこなすため、つばきは魚市場の信次らの協力を得て、小鯛を仕入れる一方、奮発して杉の折り箱も調達する。そうして仕上げた弁当を約束の時刻に届けたが、普請場には上棟式だというのに招かれた客の姿はなく、つばきの胸はざわつく。

 深川に馴染もうと奮闘するつばきの姿を描く下町細腕繁盛記。

(光文社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る