「災神」江島周著

公開日:  更新日:

 地下のバーで意識を取り戻した天音は、崩れた壁をぶち破り外に出た。出雲の市街は一面、ガレキになっていて、人の姿は見えない。軽自動車の中にいた少女、アキラと出会って話を聞くと、海から何かがやってきて街を壊していったという。天音が会社の研究所にたどりつくと、研究所にいたため命拾いした阿久津が街を襲ったものの正体を教えてくれた。6年前、日本海沖のメタンハイドレード濃集帯の近くで発見されたミズチと呼ばれる未知の巨大生物で、海洋プールで冬眠させていたはずだった。それが冷却設備の故障で目覚めてしまったらしい。異変に気付いたが事態を把握できないまま、自衛隊が救出に向かうが……。

 未知の生物との熾烈な闘いを描くサスペンス。

(KADOKAWA 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る