「災神」江島周著

公開日: 更新日:

 地下のバーで意識を取り戻した天音は、崩れた壁をぶち破り外に出た。出雲の市街は一面、ガレキになっていて、人の姿は見えない。軽自動車の中にいた少女、アキラと出会って話を聞くと、海から何かがやってきて街を壊していったという。天音が会社の研究所にたどりつくと、研究所にいたため命拾いした阿久津が街を襲ったものの正体を教えてくれた。6年前、日本海沖のメタンハイドレード濃集帯の近くで発見されたミズチと呼ばれる未知の巨大生物で、海洋プールで冬眠させていたはずだった。それが冷却設備の故障で目覚めてしまったらしい。異変に気付いたが事態を把握できないまま、自衛隊が救出に向かうが……。

 未知の生物との熾烈な闘いを描くサスペンス。

(KADOKAWA 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る