「災神」江島周著

公開日:  更新日:

 地下のバーで意識を取り戻した天音は、崩れた壁をぶち破り外に出た。出雲の市街は一面、ガレキになっていて、人の姿は見えない。軽自動車の中にいた少女、アキラと出会って話を聞くと、海から何かがやってきて街を壊していったという。天音が会社の研究所にたどりつくと、研究所にいたため命拾いした阿久津が街を襲ったものの正体を教えてくれた。6年前、日本海沖のメタンハイドレード濃集帯の近くで発見されたミズチと呼ばれる未知の巨大生物で、海洋プールで冬眠させていたはずだった。それが冷却設備の故障で目覚めてしまったらしい。異変に気付いたが事態を把握できないまま、自衛隊が救出に向かうが……。

 未知の生物との熾烈な闘いを描くサスペンス。

(KADOKAWA 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る