ジェット機を進化させていたのは鶏肉だった!?

公開日: 更新日:

 軍需産業といえば“死の商人”などと呼ばれ、物騒なばかりだが、メアリー・ローチ著、村井理子訳「兵士を救え! 珍軍事研究」(亜紀書房2300円+税)で紹介されるのはなぜかクスリと笑ってしまう事例ばかり。サイエンスライターである著者が、兵士を殺すためではなく、生かすための軍事研究をリポートしている。

 アメリカのとある基地で行われていた実験では、ジェット機に向かって約1・8キロの“砲弾”が繰り返し撃ち込まれていた。時速650キロという異常な速度で放たれていたそれは、おいしそうな「鶏肉」だ。アメリカ空軍のジェット機は、年間3000回も「バードストライク」に見舞われる。その被害総額は、年間5000万ドルから8000万ドルにも及び、パイロットの命が奪われるケースもある。衝突してくるのはガチョウにカモメにカモとさまざまだが、家畜であるニワトリは、これらの野鳥よりも肉の密度が高く、“砲弾”として非常に優秀。そのため、ジェット機用コックピットの耐久テスト用公式素材として承認されており、チキン砲となって空を飛び交い、日々、研究を前進させているそうだ。

 本書には最新の殺傷兵器に関する研究は出てこないが、絶対に遭遇したくないある兵器が紹介されている。著者が入手したアメリカ軍の機密文書の日付は、1943年8月4日。その兵器は農薬噴霧器のような装置に入れるなどして使用する油性化合物で、対日本のために開発されたものだという。化学兵器か何かだと思いきや、目的は殺傷ではなく「物笑いの種にされて軽蔑されること」。主成分はスカトールといい、肉が分解されるときに発生する腸内細菌の糞便臭。早い話が、ウンコの臭いの異臭弾だ。

 アメリカの戦略諜報局によれば、日本人は「大衆の面前で排尿するのは平気(立ち小便のことか?)だが、排便だけはとても秘密で恥ずかしいことだと考えている」と分析されており、ウンコの臭いをつけてやれば戦意喪失すると思われていたらしい。

 ほかにも、スナイパーのための下痢対策や海に落ちてもサメに食われない方法などユニークな研究が満載。どこかほのぼのせずにはいられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る