「私がホレた旨し店」団田芳子著

公開日:  更新日:

 大阪の料理人たちに“ノンベの姉御”と親しまれるフードライターの著者が、20余年の取材の中でほれ込んだ50軒の料理人や店の魅力を紹介する食エッセー。

 上本町にある「割烹 とんぼ」は、江戸末期創業の老舗。といっても堅苦しさはなく、畳にゴロンと横になりたくなるような気楽さが魅力のひとつだ。

 5代目の店主がつくる「鯛のあら炊き」は上品な甘さで絶品、名物小鉢の「タコの桜煮」は昔ながらの大阪の味、と太鼓判を押す。

 ほかにも、質のいい素材をシンプルに出すアテ(酒の肴)が酒好きたちを喜ばせる「酒や肴 よしむら」(南森町)、たっぷりの干し貝柱と豚の骨で取ったダシでつくったお粥のうまさに驚いたという「清粥小菜 明」(東三国)など。

 大阪観光の際にはぜひ持参したい。

(西日本出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る