「私がホレた旨し店」団田芳子著

公開日:  更新日:

 大阪の料理人たちに“ノンベの姉御”と親しまれるフードライターの著者が、20余年の取材の中でほれ込んだ50軒の料理人や店の魅力を紹介する食エッセー。

 上本町にある「割烹 とんぼ」は、江戸末期創業の老舗。といっても堅苦しさはなく、畳にゴロンと横になりたくなるような気楽さが魅力のひとつだ。

 5代目の店主がつくる「鯛のあら炊き」は上品な甘さで絶品、名物小鉢の「タコの桜煮」は昔ながらの大阪の味、と太鼓判を押す。

 ほかにも、質のいい素材をシンプルに出すアテ(酒の肴)が酒好きたちを喜ばせる「酒や肴 よしむら」(南森町)、たっぷりの干し貝柱と豚の骨で取ったダシでつくったお粥のうまさに驚いたという「清粥小菜 明」(東三国)など。

 大阪観光の際にはぜひ持参したい。

(西日本出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る