「私がホレた旨し店」団田芳子著

公開日: 更新日:

 大阪の料理人たちに“ノンベの姉御”と親しまれるフードライターの著者が、20余年の取材の中でほれ込んだ50軒の料理人や店の魅力を紹介する食エッセー。

 上本町にある「割烹 とんぼ」は、江戸末期創業の老舗。といっても堅苦しさはなく、畳にゴロンと横になりたくなるような気楽さが魅力のひとつだ。

 5代目の店主がつくる「鯛のあら炊き」は上品な甘さで絶品、名物小鉢の「タコの桜煮」は昔ながらの大阪の味、と太鼓判を押す。

 ほかにも、質のいい素材をシンプルに出すアテ(酒の肴)が酒好きたちを喜ばせる「酒や肴 よしむら」(南森町)、たっぷりの干し貝柱と豚の骨で取ったダシでつくったお粥のうまさに驚いたという「清粥小菜 明」(東三国)など。

 大阪観光の際にはぜひ持参したい。

(西日本出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る