「クリスパー 究極の遺伝子 編集技術の発見」ジェニファー・ダウドナ著

公開日:  更新日:

 まったく新しい遺伝子編集技術「クリスパー・キャス9」を開発し、「ノーベル賞も間違いなし」といわれる女性研究者が書いた本。クリスパー・キャス9は、ワープロで文章を編集するように人類を含む地球上のすべての生物の遺伝子コードを操作し、変更できる技術。

 すでにこの技術で筋肉発生を制御する遺伝子の塩基配列を1文字換えるだけで、筋肉ムキムキのビーグル犬をつくりだし、大型猫ほどの大きさのペット用ブタを誕生させ、病気に強いイネや日持ちのするトマト、有毒成分の少ないジャガイモが生み出されている。ブタの遺伝子を「ヒト化」し、動物の臓器を人間に移植する実験や病気を媒介する蚊を絶滅させるための新しい系統の蚊をつくる研究も進んでいる。もちろん、人間の患者の変異遺伝子を直接編集することで病気を治すこともできる。

 人類が10万年かけてランダムな突然変異と自然選択により形成されてきた遺伝子を今後は簡単に望む方向に変えることができる。それは危険ではないか? 優生学の復活など革新的技術の開発者だからこそ感じる新技術の期待と危惧をつづっている。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る