「廓の媚学」菊地ひと美著

公開日: 更新日:

 吉原で遊ぶ場合、料金はいくらなのか。遊女はほぼ5階級に分かれていて、江戸後期の文政9年発行の「吉原細見」によると揚げ代(遊ぶ料金)は、花魁道中をする特権を持つ最上級の花魁が、新造付き添いで金1両1分(約12万5000円)。上級の花魁で夜は金1分2朱(約3万7000円)、座敷持ちで金1分(約2万5000円)、部屋持ちで金2朱(約1万2000円)。

 さらに、この料金のほかに、酒や仕出しの料理、やり手、若い者ヘのチップなどが別途につき、どんどん高くなり、まるで現代でいうぼったくり状態とか。そこで茶屋の出番。茶屋を通すと面倒な手続きはなく、遊び料金は一括払いで安くつくという。

 廓の仕組みから、花魁との遊び方、遊女の床技のあの手この手までを文とカラー挿絵で解説。

(講談社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る