「廓の媚学」菊地ひと美著

公開日: 更新日:

 吉原で遊ぶ場合、料金はいくらなのか。遊女はほぼ5階級に分かれていて、江戸後期の文政9年発行の「吉原細見」によると揚げ代(遊ぶ料金)は、花魁道中をする特権を持つ最上級の花魁が、新造付き添いで金1両1分(約12万5000円)。上級の花魁で夜は金1分2朱(約3万7000円)、座敷持ちで金1分(約2万5000円)、部屋持ちで金2朱(約1万2000円)。

 さらに、この料金のほかに、酒や仕出しの料理、やり手、若い者ヘのチップなどが別途につき、どんどん高くなり、まるで現代でいうぼったくり状態とか。そこで茶屋の出番。茶屋を通すと面倒な手続きはなく、遊び料金は一括払いで安くつくという。

 廓の仕組みから、花魁との遊び方、遊女の床技のあの手この手までを文とカラー挿絵で解説。

(講談社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る