「逆さメガネで覗いたニッポン」養老孟司著

公開日:  更新日:

 大ベストセラー「バカの壁」の著者が独自の視点で語った教育論。

 この半世紀、日本社会が一番考えてこなかった問題が教育ではないかと指摘。なぜなら、教育について議論する前提である、人間とは何か、人は何のために生きるのか、などの常識が間違っているからだと説く。都市的生活では、頭の中でシミュレーションをして望ましい結果になるよう自分の行動を調節することが求められる。しかし、子育てにはシミュレーションが通用しない。子どもは不合理な存在で、都市における日常の思想と子育ての思想は矛盾する。それが少子化の基本的な原因だという。

 親側の問題や学歴など、さまざまな視点から教育についての歪んだ常識を突く。

(PHP研究所 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る