「逆さメガネで覗いたニッポン」養老孟司著

公開日:  更新日:

 大ベストセラー「バカの壁」の著者が独自の視点で語った教育論。

 この半世紀、日本社会が一番考えてこなかった問題が教育ではないかと指摘。なぜなら、教育について議論する前提である、人間とは何か、人は何のために生きるのか、などの常識が間違っているからだと説く。都市的生活では、頭の中でシミュレーションをして望ましい結果になるよう自分の行動を調節することが求められる。しかし、子育てにはシミュレーションが通用しない。子どもは不合理な存在で、都市における日常の思想と子育ての思想は矛盾する。それが少子化の基本的な原因だという。

 親側の問題や学歴など、さまざまな視点から教育についての歪んだ常識を突く。

(PHP研究所 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る