「逆さメガネで覗いたニッポン」養老孟司著

公開日: 更新日:

 大ベストセラー「バカの壁」の著者が独自の視点で語った教育論。

 この半世紀、日本社会が一番考えてこなかった問題が教育ではないかと指摘。なぜなら、教育について議論する前提である、人間とは何か、人は何のために生きるのか、などの常識が間違っているからだと説く。都市的生活では、頭の中でシミュレーションをして望ましい結果になるよう自分の行動を調節することが求められる。しかし、子育てにはシミュレーションが通用しない。子どもは不合理な存在で、都市における日常の思想と子育ての思想は矛盾する。それが少子化の基本的な原因だという。

 親側の問題や学歴など、さまざまな視点から教育についての歪んだ常識を突く。

(PHP研究所 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る