「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」(上・下) ダヴィド・ラーゲルクランツ著 ヘレンハルメ美穂・羽根由訳

公開日:  更新日:

 スウェーデン発、全世界8900万部のベストセラーシリーズ第4弾。オリジナルの著者が急逝したため遺族らの指名で本作から筆をとった著者が物語を継いだ話題作。

 綿密な調査報道で数々のスクープをものにしてきた雑誌「ミレニアム」は経営危機に陥り、記者のミカエルにも批判が集中。そんなある日、ミカエルは、ある男から人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授に会うよう勧められる。男は、教授が大スクープになる情報を握っているはずだという。興味が湧かないミカエルだが、本シリーズ第2の主人公リスベットらしい女性がこの件に関わっていると知り動き出す。同じころ、離婚した妻から自閉症の息子・アウグストを引き取ったバルデルは、あることに気づく。

(早川書房 各820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る