「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」(上・下) ダヴィド・ラーゲルクランツ著 ヘレンハルメ美穂・羽根由訳

公開日: 更新日:

 スウェーデン発、全世界8900万部のベストセラーシリーズ第4弾。オリジナルの著者が急逝したため遺族らの指名で本作から筆をとった著者が物語を継いだ話題作。

 綿密な調査報道で数々のスクープをものにしてきた雑誌「ミレニアム」は経営危機に陥り、記者のミカエルにも批判が集中。そんなある日、ミカエルは、ある男から人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授に会うよう勧められる。男は、教授が大スクープになる情報を握っているはずだという。興味が湧かないミカエルだが、本シリーズ第2の主人公リスベットらしい女性がこの件に関わっていると知り動き出す。同じころ、離婚した妻から自閉症の息子・アウグストを引き取ったバルデルは、あることに気づく。

(早川書房 各820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  2. 2

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  3. 3

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  4. 4

    福井「子ども感染増」示す衝撃データ なのに政治は無関心

  5. 5

    菅首相はどれほどの国民が命落とせば五輪中止を考えるのか

  6. 6

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

  7. 7

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  8. 8

    ワクチン国内開発の遅れをワクチン訴訟のせいにするな

  9. 9

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  10. 10

    鷲見玲奈に熱愛報道 “スキャンダルで焼け太り”の魔性体質

もっと見る

人気キーワード