「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」(上・下) ダヴィド・ラーゲルクランツ著 ヘレンハルメ美穂・羽根由訳

公開日: 更新日:

 スウェーデン発、全世界8900万部のベストセラーシリーズ第4弾。オリジナルの著者が急逝したため遺族らの指名で本作から筆をとった著者が物語を継いだ話題作。

 綿密な調査報道で数々のスクープをものにしてきた雑誌「ミレニアム」は経営危機に陥り、記者のミカエルにも批判が集中。そんなある日、ミカエルは、ある男から人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授に会うよう勧められる。男は、教授が大スクープになる情報を握っているはずだという。興味が湧かないミカエルだが、本シリーズ第2の主人公リスベットらしい女性がこの件に関わっていると知り動き出す。同じころ、離婚した妻から自閉症の息子・アウグストを引き取ったバルデルは、あることに気づく。

(早川書房 各820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る