「崩れる脳を抱きしめて」知念実希人著

公開日: 更新日:

 研修医の碓氷蒼馬が勤務する「葉山の岬病院」は裕福な患者が心静かに最期を迎えるためのホスピスだった。担当した弓狩環はいつ脳出血を起こすか分からない難病の腫瘍に侵されていた。環は巨額の奨学金を返済しなくてはいけない碓氷に、自分の病室の机で勉強してもいいと言う。

 気難しい環は、やがて碓氷に同行を頼んでしばしば外出するようになる。碓氷は自分が環を愛していることに気づくが、研修を終えて広島の病院に勤務していたとき、環が死んだことを知る。岬の病院に駆けつけると、なぜか院長は碓氷が環の担当だったこと、2人が過ごした時間を否定する。あれは碓氷の妄想だったのか。

 甘美な愛のミステリー。

(実業之日本社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る