「崩れる脳を抱きしめて」知念実希人著

公開日:  更新日:

 研修医の碓氷蒼馬が勤務する「葉山の岬病院」は裕福な患者が心静かに最期を迎えるためのホスピスだった。担当した弓狩環はいつ脳出血を起こすか分からない難病の腫瘍に侵されていた。環は巨額の奨学金を返済しなくてはいけない碓氷に、自分の病室の机で勉強してもいいと言う。

 気難しい環は、やがて碓氷に同行を頼んでしばしば外出するようになる。碓氷は自分が環を愛していることに気づくが、研修を終えて広島の病院に勤務していたとき、環が死んだことを知る。岬の病院に駆けつけると、なぜか院長は碓氷が環の担当だったこと、2人が過ごした時間を否定する。あれは碓氷の妄想だったのか。

 甘美な愛のミステリー。

(実業之日本社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る