「絶望の超高齢社会」中村淳彦著

公開日:  更新日:

 団塊世代が後期高齢者となる2025年には、国民の5人に1人が75歳以上、3人に1人が65歳以上という前代未聞の超・超高齢社会が到来する。同時に38万~100万人もの介護職が不足するともいわれる。

 しかし、今、介護職を養成する専門学校などは入学者の減少が続き、全都道府県で定員割れが生じているという。介護の現場で何が起きているのか。その目を覆うような現状を伝える衝撃のリポート。

 民間零細事業者の参入で激増する介護事業所の実態――低賃金で食べていくことができず風俗や売春に走る女性介護職、助成金目当てに参入する暴力団、そして法務省によって介護現場に送り込まれる元受刑者など。崩壊寸前の介護の現場を取材する。

(小学館 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る