「あるノルウェーの大工の日記」オーレ・トシュテンセン著、中村冬美&リセ・スコウ訳、牧尾晴喜監訳

公開日:  更新日:

 オスロで大工をしている著者は、130年前に建てられたコーポラティブハウスの屋根裏を改築するという仕事を依頼された。屋根裏の改築は、その家を建てた人々の仕事を引き継いでいるような気分になるので好きだ。客の依頼は、屋根裏に子ども部屋、リビング、バスルームを造り、上に中2階を造ること。だが、屋根裏を支える方杖やつなぎ小梁があり、当初の計画のままでは、つなぎ小梁の下でバスタブに横たわり、反対側にあるトイレでつなぎ小梁に鳥のように止まって用を足すことになることが判明した。

 大工の仕事の面白さ、楽しさを描くエッセー。なぜか換気用ダクトにムンクの「叫び」の人物がはまりこんでいるおちゃめなイラストなどがあって楽しい。

(エクスナレッジ 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る