「あるノルウェーの大工の日記」オーレ・トシュテンセン著、中村冬美&リセ・スコウ訳、牧尾晴喜監訳

公開日:  更新日:

 オスロで大工をしている著者は、130年前に建てられたコーポラティブハウスの屋根裏を改築するという仕事を依頼された。屋根裏の改築は、その家を建てた人々の仕事を引き継いでいるような気分になるので好きだ。客の依頼は、屋根裏に子ども部屋、リビング、バスルームを造り、上に中2階を造ること。だが、屋根裏を支える方杖やつなぎ小梁があり、当初の計画のままでは、つなぎ小梁の下でバスタブに横たわり、反対側にあるトイレでつなぎ小梁に鳥のように止まって用を足すことになることが判明した。

 大工の仕事の面白さ、楽しさを描くエッセー。なぜか換気用ダクトにムンクの「叫び」の人物がはまりこんでいるおちゃめなイラストなどがあって楽しい。

(エクスナレッジ 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る