• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死刑にいたる病」櫛木理宇著

 優等生を自負していた雅也だが、高校で不登校になり、滑り止めの大学で鬱屈した学生生活を送っていた。ある日、実家から一通の封書が転送されてきた。差出人は少年時代に通った近所のパン屋の店主・大和だった。5年前、少年少女24人の殺害容疑で逮捕された大和は、1審で死刑を宣告され、現在控訴中だった。

 雅也が面会に行くと、大和は意外なことを口にする。警察が立件できた9件の殺人のうち、1件は冤罪(えんざい)だというのだ。それが立証できたところで、死刑判決は覆らないだろうが、大和は他人の罪まで負いたくないと話す。冤罪を晴らすため、大和の生い立ちから調べ始めた雅也は、次第に彼に魅せられていく。

 注目作家による長編ミステリー。

(早川書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る