「死刑にいたる病」櫛木理宇著

公開日: 更新日:

 優等生を自負していた雅也だが、高校で不登校になり、滑り止めの大学で鬱屈した学生生活を送っていた。ある日、実家から一通の封書が転送されてきた。差出人は少年時代に通った近所のパン屋の店主・大和だった。5年前、少年少女24人の殺害容疑で逮捕された大和は、1審で死刑を宣告され、現在控訴中だった。

 雅也が面会に行くと、大和は意外なことを口にする。警察が立件できた9件の殺人のうち、1件は冤罪(えんざい)だというのだ。それが立証できたところで、死刑判決は覆らないだろうが、大和は他人の罪まで負いたくないと話す。冤罪を晴らすため、大和の生い立ちから調べ始めた雅也は、次第に彼に魅せられていく。

 注目作家による長編ミステリー。

(早川書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る

人気キーワード