「死刑にいたる病」櫛木理宇著

公開日: 更新日:

 優等生を自負していた雅也だが、高校で不登校になり、滑り止めの大学で鬱屈した学生生活を送っていた。ある日、実家から一通の封書が転送されてきた。差出人は少年時代に通った近所のパン屋の店主・大和だった。5年前、少年少女24人の殺害容疑で逮捕された大和は、1審で死刑を宣告され、現在控訴中だった。

 雅也が面会に行くと、大和は意外なことを口にする。警察が立件できた9件の殺人のうち、1件は冤罪(えんざい)だというのだ。それが立証できたところで、死刑判決は覆らないだろうが、大和は他人の罪まで負いたくないと話す。冤罪を晴らすため、大和の生い立ちから調べ始めた雅也は、次第に彼に魅せられていく。

 注目作家による長編ミステリー。

(早川書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  5. 5

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る