「しょせん幸せなんて、自己申告。」綾小路きみまろ著

公開日: 更新日:

 幸せとはなにか。大金が手に入ったり、成功を収めたり、人より上に立つことができたときなどが幸せだと思い込んでしまいがちだが、そんなことから感じる幸せは数日もすれば跡形もなく消え去ってしまうもの。むしろ、“この人のそばにいると落ち着く”とか、“笑いが絶えない”とか、“この人の作った料理は食べるとホッとする”というふうに、人と人の間を巡り巡って、時たま、ほんの一瞬、ひょっこりと自分のところに顔を出してくれるのが「幸せ」なのではないか。

 幸せは、人と人の間を漂っている。一度失っても、人に感謝して生きていれば、必ずまた巡り合える――。

 芸能人としての道を歩み出して40年、ようやくメジャーデビューしたのが52歳のときだった著者が、その潜伏生活の中でたどり着いた“きみまろ的人生論”。

(朝日新聞出版 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る

人気キーワード