「しょせん幸せなんて、自己申告。」綾小路きみまろ著

公開日: 更新日:

 幸せとはなにか。大金が手に入ったり、成功を収めたり、人より上に立つことができたときなどが幸せだと思い込んでしまいがちだが、そんなことから感じる幸せは数日もすれば跡形もなく消え去ってしまうもの。むしろ、“この人のそばにいると落ち着く”とか、“笑いが絶えない”とか、“この人の作った料理は食べるとホッとする”というふうに、人と人の間を巡り巡って、時たま、ほんの一瞬、ひょっこりと自分のところに顔を出してくれるのが「幸せ」なのではないか。

 幸せは、人と人の間を漂っている。一度失っても、人に感謝して生きていれば、必ずまた巡り合える――。

 芸能人としての道を歩み出して40年、ようやくメジャーデビューしたのが52歳のときだった著者が、その潜伏生活の中でたどり着いた“きみまろ的人生論”。

(朝日新聞出版 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る