「サケが帰ってきた!」奥山文弥著、木戸川漁業協同組合監修

公開日:  更新日:

「でかい!」

 鈴木謙太郎は4歳のとき、父に連れられて釣りに行った川で、初めてシロザケを見て立ちすくんだ。やがて水産高校に進み、木戸川漁協に就職して、サケの増殖の仕事を担当する。2011年3月11日、地震が起きて電気が止まり、養魚池のポンプと水車が止まった。その後、津波が川を遡り、漁協を襲った。

「やめてくれ!」

 数日後、謙太郎は養魚場の700万匹のサケの稚魚が死んで、池の底に沈んでいるのを見る。楢葉町は放射能の警戒区域に指定されたが、許可を得て10月下旬、木戸川の上流に調査に向かうと、川一面にサケが上ってきていた。

 東日本大震災と原発事故の被害からの復興を目指す青年の奮闘記。

(小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る