「労働Gメン草薙満」早見俊著

公開日:  更新日:

 ひばりが丘市の労働基準監督署の相談窓口に夫の村瀬を自殺で失った幸子が訪ねてくる。総合化学メーカーの研究職だった村瀬の帰宅は毎夜12時を過ぎていたと聞き、新米労働基準監督官の草薙は調査を約束する。数日前にも村瀬が勤務する会社の派遣社員が夜勤明けに車で登校中の小学生の列に突っ込み、死亡させる事故が起きていた。

 しかし、会社への臨検では過重労働の証拠は見つからない。草薙は、村瀬が終業後に会社の命令で別の場所で働いていた可能性を疑う。村瀬が出入りしていた工場を突き止め様子をうかがう草薙だが、刑事の沙也加に職務質問されてしまう。

 正義感に燃える労働Gメンを主人公にしたエンターテインメント。

 (徳間書店 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る