「労働Gメン草薙満」早見俊著

公開日:  更新日:

 ひばりが丘市の労働基準監督署の相談窓口に夫の村瀬を自殺で失った幸子が訪ねてくる。総合化学メーカーの研究職だった村瀬の帰宅は毎夜12時を過ぎていたと聞き、新米労働基準監督官の草薙は調査を約束する。数日前にも村瀬が勤務する会社の派遣社員が夜勤明けに車で登校中の小学生の列に突っ込み、死亡させる事故が起きていた。

 しかし、会社への臨検では過重労働の証拠は見つからない。草薙は、村瀬が終業後に会社の命令で別の場所で働いていた可能性を疑う。村瀬が出入りしていた工場を突き止め様子をうかがう草薙だが、刑事の沙也加に職務質問されてしまう。

 正義感に燃える労働Gメンを主人公にしたエンターテインメント。

 (徳間書店 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る