「読みくらべ世界民話考」野中涼著

公開日:  更新日:

 人から人へと語り継がれてきた民話には、世界各地で共通するテーマが見られるという。本書は、「無理やりな結婚」「変身する求婚者」「運まかせの人生」「金銭の魅惑」「詐欺師の良心」など、共通する23のテーマを挙げて、世界にどんな民話があるのかを紹介した意欲作。

 たとえば、「超自然の援助者」では、ドイツの民話の「靴づくりの妖精」の話が紹介されている。貧しい靴職人のもとに妖精が現れ、寝ている間に靴を仕上げてくれるという有名な話だが、日本には望むものは何でもかなえる「竜宮童子」、スコットランドには困っている人を助けてくれる「エイキン・ドラム」という似たような話が存在する。

 救世主として現れるこれらの援助者は、小人だったり不潔だったり普通ではない部分があり、状況が改善された途端、姿を消してしまうなどの共通項もあった。

 世界の民話を通読すると、人類共通の不安や葛藤、喜びや悲しみ、願望や教訓などが見えてくる。

(松柏社 3800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る