• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「読みくらべ世界民話考」野中涼著

 人から人へと語り継がれてきた民話には、世界各地で共通するテーマが見られるという。本書は、「無理やりな結婚」「変身する求婚者」「運まかせの人生」「金銭の魅惑」「詐欺師の良心」など、共通する23のテーマを挙げて、世界にどんな民話があるのかを紹介した意欲作。

 たとえば、「超自然の援助者」では、ドイツの民話の「靴づくりの妖精」の話が紹介されている。貧しい靴職人のもとに妖精が現れ、寝ている間に靴を仕上げてくれるという有名な話だが、日本には望むものは何でもかなえる「竜宮童子」、スコットランドには困っている人を助けてくれる「エイキン・ドラム」という似たような話が存在する。

 救世主として現れるこれらの援助者は、小人だったり不潔だったり普通ではない部分があり、状況が改善された途端、姿を消してしまうなどの共通項もあった。

 世界の民話を通読すると、人類共通の不安や葛藤、喜びや悲しみ、願望や教訓などが見えてくる。

(松柏社 3800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る