「決戦!賤ヶ岳」天野純希、土橋章宏ほか著

公開日: 更新日:

 加藤虎之助(後の清正)は、剣術の師匠・塚原小才治の娘・お千に惚れていたが、武家の女の常で、四国遠征の総大将神戸三七の与力・山路将監に嫁がされた。そして、お千は秀吉の謀略の犠牲となり、山路の老母と共に磔に。虎之助は賤ケ岳の戦場で山路と槍をまみえることに……。(「槍よ、愚直なれ」木下昌輝)

 好評の“決戦”シリーズ第7弾。天正11年4月20日、信長亡き後、柴田勝家と羽柴秀吉とが雌雄を決する天下分け目の「賤ケ岳の戦い」で秀吉側で戦った“七槍”こと、加藤清正、加藤嘉明、福島正則、片桐且元、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則の7人の武将の生きざまを、天野純希、木下昌輝、矢野隆ら7人の作家が描く。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    失地回復に金正恩…米ロ外遊強行“外交のアベ”演出の皮算用

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る