「決戦!賤ヶ岳」天野純希、土橋章宏ほか著

公開日:  更新日:

 加藤虎之助(後の清正)は、剣術の師匠・塚原小才治の娘・お千に惚れていたが、武家の女の常で、四国遠征の総大将神戸三七の与力・山路将監に嫁がされた。そして、お千は秀吉の謀略の犠牲となり、山路の老母と共に磔に。虎之助は賤ケ岳の戦場で山路と槍をまみえることに……。(「槍よ、愚直なれ」木下昌輝)

 好評の“決戦”シリーズ第7弾。天正11年4月20日、信長亡き後、柴田勝家と羽柴秀吉とが雌雄を決する天下分け目の「賤ケ岳の戦い」で秀吉側で戦った“七槍”こと、加藤清正、加藤嘉明、福島正則、片桐且元、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則の7人の武将の生きざまを、天野純希、木下昌輝、矢野隆ら7人の作家が描く。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る