「鬼の家」花房観音著

公開日:  更新日:

 実業家の吉二郎に見初められ結婚した桜子は、京都の千本通の屋敷で不自由はないが、退屈な生活を送っていた。

 ある夜、桜子は屋敷の前にある桜の木で行き倒れている美男子の李作と地味な女・梅の夫婦を発見。屋敷に招き入れたところ、居ついてしまい、やがて夫婦は使用人として働きだす。

 外出がちだった吉二郎は梅の料理を気に入り、早く帰宅するようになる。しかし突如、溺死。桜子と李作は互いの体に溺れるが、李作が桜子を抱くときに黒い影が現れるようになる。果たして黒い影は吉二郎なのか。桜子は李作に抱かれながら「吉二郎を殺したんは、李作か梅やろ」とつぶやくのだった。(「桜鬼」)

 屋敷に暮らす人々を次々に襲う「異形」を描く6編の恐怖譚。

(KADOKAWA 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る