「鬼の家」花房観音著

公開日: 更新日:

 実業家の吉二郎に見初められ結婚した桜子は、京都の千本通の屋敷で不自由はないが、退屈な生活を送っていた。

 ある夜、桜子は屋敷の前にある桜の木で行き倒れている美男子の李作と地味な女・梅の夫婦を発見。屋敷に招き入れたところ、居ついてしまい、やがて夫婦は使用人として働きだす。

 外出がちだった吉二郎は梅の料理を気に入り、早く帰宅するようになる。しかし突如、溺死。桜子と李作は互いの体に溺れるが、李作が桜子を抱くときに黒い影が現れるようになる。果たして黒い影は吉二郎なのか。桜子は李作に抱かれながら「吉二郎を殺したんは、李作か梅やろ」とつぶやくのだった。(「桜鬼」)

 屋敷に暮らす人々を次々に襲う「異形」を描く6編の恐怖譚。

(KADOKAWA 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る