「鬼の家」花房観音著

公開日:  更新日:

 実業家の吉二郎に見初められ結婚した桜子は、京都の千本通の屋敷で不自由はないが、退屈な生活を送っていた。

 ある夜、桜子は屋敷の前にある桜の木で行き倒れている美男子の李作と地味な女・梅の夫婦を発見。屋敷に招き入れたところ、居ついてしまい、やがて夫婦は使用人として働きだす。

 外出がちだった吉二郎は梅の料理を気に入り、早く帰宅するようになる。しかし突如、溺死。桜子と李作は互いの体に溺れるが、李作が桜子を抱くときに黒い影が現れるようになる。果たして黒い影は吉二郎なのか。桜子は李作に抱かれながら「吉二郎を殺したんは、李作か梅やろ」とつぶやくのだった。(「桜鬼」)

 屋敷に暮らす人々を次々に襲う「異形」を描く6編の恐怖譚。

(KADOKAWA 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る