• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「くちびる遊び」花房観音著

 38歳で独身の相沢に、元同僚の太田から転居はがきが届く。新居を購入したようで、幸せそうな一家の写真も載っていた。25歳のとき、相沢は同期入社の太田からフィアンセのエリスを紹介され驚く。エリスは、以前取引先の社長に連れられて行ったクラブのダンサーだった。

 2人はボランティア活動で出会い、意気投合したらしい。欧米人に性的興奮を覚える相沢は、ポールダンスをする彼女が忘れられず、密かに店に通っていたのだ。官能的に踊るエリスの美しい肢体が脳裏から離れない相沢は、2人のセックスを夢想しては、嫉妬を募らせる。彼女を一度でいいから抱きたい相沢は、ある行動に出る。(「愛しの舞姫」)

 団鬼六賞受賞作家による文庫オリジナル官能小説5編を収録。

 (新潮社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る