「ねこ町駅前商店街日々便り」柴田よしき著

公開日: 更新日:

 柴山電鉄根古万知線の終着駅、根古万知駅が無人駅になった。駅長が退職した後、後任が心筋梗塞で倒れてしまったのだ。

 さびれた駅前商店街の福々軒の娘・愛美は離婚して戻ってきて喫茶店で働いていたが、あるとき、猫を飼ってくれと頼まれる。友人のおじいさんが拾ってきたが、おばあさんが猫アレルギーで飼えない。だが、この猫は50年以上前、おじいさんの命を救った恩猫だというのだ。ノンちゃんと名づけられた猫に、柴山電鉄70周年感謝デーの一日駅長の話が舞い込んだ。駅に行ったら、ノンちゃんの周りはすごい人だかりになっている。不思議な猫が現れたのをきっかけに、寂れた商店街が再生する物語。

 (祥伝社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る

人気キーワード