「ねこ町駅前商店街日々便り」柴田よしき著

公開日:  更新日:

 柴山電鉄根古万知線の終着駅、根古万知駅が無人駅になった。駅長が退職した後、後任が心筋梗塞で倒れてしまったのだ。

 さびれた駅前商店街の福々軒の娘・愛美は離婚して戻ってきて喫茶店で働いていたが、あるとき、猫を飼ってくれと頼まれる。友人のおじいさんが拾ってきたが、おばあさんが猫アレルギーで飼えない。だが、この猫は50年以上前、おじいさんの命を救った恩猫だというのだ。ノンちゃんと名づけられた猫に、柴山電鉄70周年感謝デーの一日駅長の話が舞い込んだ。駅に行ったら、ノンちゃんの周りはすごい人だかりになっている。不思議な猫が現れたのをきっかけに、寂れた商店街が再生する物語。

 (祥伝社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る