「ねこ町駅前商店街日々便り」柴田よしき著

公開日:  更新日:

 柴山電鉄根古万知線の終着駅、根古万知駅が無人駅になった。駅長が退職した後、後任が心筋梗塞で倒れてしまったのだ。

 さびれた駅前商店街の福々軒の娘・愛美は離婚して戻ってきて喫茶店で働いていたが、あるとき、猫を飼ってくれと頼まれる。友人のおじいさんが拾ってきたが、おばあさんが猫アレルギーで飼えない。だが、この猫は50年以上前、おじいさんの命を救った恩猫だというのだ。ノンちゃんと名づけられた猫に、柴山電鉄70周年感謝デーの一日駅長の話が舞い込んだ。駅に行ったら、ノンちゃんの周りはすごい人だかりになっている。不思議な猫が現れたのをきっかけに、寂れた商店街が再生する物語。

 (祥伝社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る