「猪・鹿・狸」早川孝太郎著

公開日: 更新日:

 大正15(1926)年に刊行された民俗学の名著の復刻。愛知県南設楽郡長篠村横山(現在の新城市)に生まれ育った著者が、自らの体験と、古老から聞きためた猪・鹿・狸にまつわる逸話を紹介する。

 幼いころ、父が遠出して留守の夜中、狩人が小猪(こぼう)を撃ったが家まで運ぶ道具がないと、背負子を借りにきたことがあったという。当時の狩人や猟師のそんなエピソードから、腹痛の妙薬として珍重された猪の胆や、冬の早朝、何千という鹿の群れが山の峰を目掛けて走り去っていくのを見たという杣(そま=林業従事者)の話、誰かが忘れた鍬を使って大男に化けて通行人を通せんぼする狸など。伝説や昔話を交えながら、山里の暮らしを書き残す。

 (KADOKAWA 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る