「猪・鹿・狸」早川孝太郎著

公開日: 更新日:

 大正15(1926)年に刊行された民俗学の名著の復刻。愛知県南設楽郡長篠村横山(現在の新城市)に生まれ育った著者が、自らの体験と、古老から聞きためた猪・鹿・狸にまつわる逸話を紹介する。

 幼いころ、父が遠出して留守の夜中、狩人が小猪(こぼう)を撃ったが家まで運ぶ道具がないと、背負子を借りにきたことがあったという。当時の狩人や猟師のそんなエピソードから、腹痛の妙薬として珍重された猪の胆や、冬の早朝、何千という鹿の群れが山の峰を目掛けて走り去っていくのを見たという杣(そま=林業従事者)の話、誰かが忘れた鍬を使って大男に化けて通行人を通せんぼする狸など。伝説や昔話を交えながら、山里の暮らしを書き残す。

 (KADOKAWA 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る