「北朝鮮がアメリカと戦争する日」香田洋二著

公開日: 更新日:

 元自衛艦隊司令官が、緊迫する米国と北朝鮮の対立の行方を解説。

 トランプ氏以前の3人の大統領の対応によって、北朝鮮は米国が武力攻撃を仕掛けてこないという妄想を持ってしまったと指摘。しかし、北朝鮮はトランプ氏のツイッターで本音を知ることになった。その結果、北朝鮮は核兵器を完成させなければ米国との対等なテーブルにつけず、核兵器を完成させるために発射実験を行えば武力攻撃を受けてしまうという二律背反の状況に陥っているという。

 一方の米国はレッドラインを設けずに、独自の判断で軍事力を行使するだろうと、そのXデーまで予想。日本への影響など、多くの国民の疑問に答えながら武力衝突の可能性と影響を論じる。

 (幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る