「日本史の内幕」磯田道史著

公開日:  更新日:

 古文書を解読しながら、歴史の真実に迫る歴史読み物。

 神田の古書店で購入した戊辰戦争の風聞を記録した冊子をひもといてみると、勘定奉行・小栗上野介の幕府滅亡時の動静を記した新史料であることが分かった。そこには徳川埋蔵金に関する新事実も記されていたという。

 他にも、明治天皇の皇后が京都を出て「新首都」東京に定住するまでの詳細を記録した「皇后宮御所行啓日誌」や、浜松城の前身である引間城の城主の娘が垣間見た無名時代の豊臣秀吉の若き日の姿が書かれた「太閤素生記」、大坂夏の陣で打ち取られた真田信繁の生首と対面した家康が語った言葉が書かれた徳川譜代大名井伊家の記録「花筵記」など。

 新発見の古文書から日本史の謎を読み解く。(中央公論新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る