「日本史の内幕」磯田道史著

公開日: 更新日:

 古文書を解読しながら、歴史の真実に迫る歴史読み物。

 神田の古書店で購入した戊辰戦争の風聞を記録した冊子をひもといてみると、勘定奉行・小栗上野介の幕府滅亡時の動静を記した新史料であることが分かった。そこには徳川埋蔵金に関する新事実も記されていたという。

 他にも、明治天皇の皇后が京都を出て「新首都」東京に定住するまでの詳細を記録した「皇后宮御所行啓日誌」や、浜松城の前身である引間城の城主の娘が垣間見た無名時代の豊臣秀吉の若き日の姿が書かれた「太閤素生記」、大坂夏の陣で打ち取られた真田信繁の生首と対面した家康が語った言葉が書かれた徳川譜代大名井伊家の記録「花筵記」など。

 新発見の古文書から日本史の謎を読み解く。(中央公論新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る

人気キーワード