「天翔ける」葉室麟著

公開日:  更新日:

 1863年、越前福井藩は過激な尊王攘夷派を鎮圧するため藩を挙げて上洛すべしと、学者の横井小楠に決断を迫られていた。そこに幕府の軍艦奉行並・勝海舟の使いが訪れた。むさくるしい身なりで現れた坂本龍馬は、神戸に海軍操練所をつくるために5000両を用立ててほしいと頼む。

 前藩主の松平春嶽がそれを了承し、福井藩の上洛についての考えを問うと、龍馬は、長州藩との戦は福井藩には手に余るから武にたけた薩摩に任せるのが上策だと答える。福井藩は上洛を見送るが、その後、京では尊攘派が一掃されるという政変が勃発する。

 欧米列強から国を守るため、徳川の親藩ながら明治新政府でも活躍した松平春嶽を描く長編小説。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る