「天翔ける」葉室麟著

公開日: 更新日:

 1863年、越前福井藩は過激な尊王攘夷派を鎮圧するため藩を挙げて上洛すべしと、学者の横井小楠に決断を迫られていた。そこに幕府の軍艦奉行並・勝海舟の使いが訪れた。むさくるしい身なりで現れた坂本龍馬は、神戸に海軍操練所をつくるために5000両を用立ててほしいと頼む。

 前藩主の松平春嶽がそれを了承し、福井藩の上洛についての考えを問うと、龍馬は、長州藩との戦は福井藩には手に余るから武にたけた薩摩に任せるのが上策だと答える。福井藩は上洛を見送るが、その後、京では尊攘派が一掃されるという政変が勃発する。

 欧米列強から国を守るため、徳川の親藩ながら明治新政府でも活躍した松平春嶽を描く長編小説。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る