「天翔ける」葉室麟著

公開日:  更新日:

 1863年、越前福井藩は過激な尊王攘夷派を鎮圧するため藩を挙げて上洛すべしと、学者の横井小楠に決断を迫られていた。そこに幕府の軍艦奉行並・勝海舟の使いが訪れた。むさくるしい身なりで現れた坂本龍馬は、神戸に海軍操練所をつくるために5000両を用立ててほしいと頼む。

 前藩主の松平春嶽がそれを了承し、福井藩の上洛についての考えを問うと、龍馬は、長州藩との戦は福井藩には手に余るから武にたけた薩摩に任せるのが上策だと答える。福井藩は上洛を見送るが、その後、京では尊攘派が一掃されるという政変が勃発する。

 欧米列強から国を守るため、徳川の親藩ながら明治新政府でも活躍した松平春嶽を描く長編小説。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る