• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「作家と楽しむ古典」堀江敏幸ほか著

 紀貫之の「土左日記」は、学校では「土佐日記」と表記し、ゆえに土佐から京への帰路の旅を日記風につづったものと教えている。しかし自筆原本は「土左日記」であり、あえて音だけ同じ「とさ」としたのは、この物語が最初から虚構であることを示す徴だという。

 また、冒頭は「男が書くという日記というものを女の私もやってみようと思って」と訳されているが、当時、漢字を読み書きできたのは一部の男性だけだった。

 しかし平仮名が生まれたことで女性も表現方法を得たという背景に照らし合わせ、「男が漢字を用いてしるす日記というものを、私はあえて女文字の仮名書きでしるしてみたい」と訳すのがピッタリではないか――(堀江敏幸)。

 古典新訳を手掛けた作家たちが、作品をどうとらえたかを語る古典案内。ほか「枕草子」(酒井順子)、「徒然草」(内田樹)など全5作を収録。(河出書房新社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る