「作家と楽しむ古典」堀江敏幸ほか著

公開日:  更新日:

 紀貫之の「土左日記」は、学校では「土佐日記」と表記し、ゆえに土佐から京への帰路の旅を日記風につづったものと教えている。しかし自筆原本は「土左日記」であり、あえて音だけ同じ「とさ」としたのは、この物語が最初から虚構であることを示す徴だという。

 また、冒頭は「男が書くという日記というものを女の私もやってみようと思って」と訳されているが、当時、漢字を読み書きできたのは一部の男性だけだった。

 しかし平仮名が生まれたことで女性も表現方法を得たという背景に照らし合わせ、「男が漢字を用いてしるす日記というものを、私はあえて女文字の仮名書きでしるしてみたい」と訳すのがピッタリではないか――(堀江敏幸)。

 古典新訳を手掛けた作家たちが、作品をどうとらえたかを語る古典案内。ほか「枕草子」(酒井順子)、「徒然草」(内田樹)など全5作を収録。(河出書房新社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る