「サラリーマンの力」亀渕昭信著

公開日:  更新日:

「オールナイトニッポン」の伝説的DJにして、ニッポン放送の社長にまで上り詰めた著者が、その44年間の会社人生を振り返りながら語るサラリーマン論。

 転職が容易になり、会社を辞めたいと言い出す若い人が増えている。彼らの多くは、その会社がイヤなのではなく、結局のところサラリーマンという立場そのものを受け入れたくないのではと指摘。著者は、会社に使われる一方で、会社を使って自分のやりたいことをやれるのがサラリーマンだと説く。会社という有機体の一部になりながら、自分らしく輝くための企画力と営業力の重要性や、社内政治の乗り切り方、会社とともに生き、チャンスをつかむ方法など、エピソードを交えながら具体的に伝授する。

(集英社インターナショナル 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る