「やってはいけない!職場の作法」高城幸司著

公開日:  更新日:

 社員同士が役職で呼び合うことを禁止するなど、職場には暗黙の作法がある。また、「無理をしなくていい」という上司の言葉に正反対の意味が隠れているなど、会社ごとに翻訳が必要な言葉もある。本書は、転職や企業買収・再編などに備え、どんな状況にも対応できるコミュニケーションマナーのためのテキスト。「ローカルな作法」を身につけるには、まず社内における人事評価の高い社員の行動を観察するのが大切。さらに、状況を「察する力」をもってコミュニケーションをとることが重要だ。

 円滑な社内人間関係を築くための雑談力の大切さや、打ち合わせや会議の際に押さえておきたいマナーポイントなど。職場に溶け込み、評価を高めるためのノウハウを伝授。(筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る