「自動運転『戦場』ルポ」冷泉彰彦著

公開日:

 在米ジャーナリストが過熱する自動運転車開発の最前線を伝える。

 アメリカの経済界では年初からAV=オートノマス・ビークル(autonomous vehicle)=自動運転車の話題が席巻。

 しかし、既存の自動車関連産業であるデトロイト組と新規参入の開発企業が集まるシリコンバレー組ではその取り組み方に温度差があるという。シリコンバレー組は「世界の交通事故死をゼロにする」をスローガンに自動運転完全主義ともいえる姿勢で開発に挑み、各社は2030年以降の実用化を見据えている。実用化がもたらすさまざまな派生効果、試験走行中の事故で見えてきた課題、そして日本をはじめとする各国のAV事情まで。

 期待と現実の落差を見据えながら、自動運転技術の実力をリポート。

(朝日新聞出版 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る