「自動運転『戦場』ルポ」冷泉彰彦著

公開日:

 在米ジャーナリストが過熱する自動運転車開発の最前線を伝える。

 アメリカの経済界では年初からAV=オートノマス・ビークル(autonomous vehicle)=自動運転車の話題が席巻。

 しかし、既存の自動車関連産業であるデトロイト組と新規参入の開発企業が集まるシリコンバレー組ではその取り組み方に温度差があるという。シリコンバレー組は「世界の交通事故死をゼロにする」をスローガンに自動運転完全主義ともいえる姿勢で開発に挑み、各社は2030年以降の実用化を見据えている。実用化がもたらすさまざまな派生効果、試験走行中の事故で見えてきた課題、そして日本をはじめとする各国のAV事情まで。

 期待と現実の落差を見据えながら、自動運転技術の実力をリポート。

(朝日新聞出版 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る