「自動運転『戦場』ルポ」冷泉彰彦著

公開日: 更新日:

 在米ジャーナリストが過熱する自動運転車開発の最前線を伝える。

 アメリカの経済界では年初からAV=オートノマス・ビークル(autonomous vehicle)=自動運転車の話題が席巻。

 しかし、既存の自動車関連産業であるデトロイト組と新規参入の開発企業が集まるシリコンバレー組ではその取り組み方に温度差があるという。シリコンバレー組は「世界の交通事故死をゼロにする」をスローガンに自動運転完全主義ともいえる姿勢で開発に挑み、各社は2030年以降の実用化を見据えている。実用化がもたらすさまざまな派生効果、試験走行中の事故で見えてきた課題、そして日本をはじめとする各国のAV事情まで。

 期待と現実の落差を見据えながら、自動運転技術の実力をリポート。

(朝日新聞出版 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る