• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「市場のことば、本の声」宇田智子著

 書店勤務を辞めて、那覇市の公設市場の向かいに「市場の古本屋ウララ」を開店した著者。

「そんな椅子に座っていると腰を悪くするよ」と言われながら、折りたたみ椅子に座って店番をしている。

 近くの店の人も似たような椅子に座っているのだが、みんな何もせずに座っていることに驚いた。品出しや客引きをしている人もいるが、何かを見ているような見ていないような感じでただ座っている人もいる。東京では電車の中でもみんな読書をしたり、携帯をいじったりしているから、ただ座っているだけの人たちに出会ったときはとまどった。だが、「何もせずに」と考えるほうが間違っているのかもしれない。(「椅子」)

 日々の生活の価値観を疑ってみたくなるエッセーがいっぱい。

(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る