「薩摩の密偵桐野利秋」桐野作人著

公開日: 更新日:

 薩摩藩士・中村半次郎、のちの桐野利秋(1838~77年)の生涯を新たな視点で描く評伝。

 剣客として「人斬り半次郎」の異名を持つ桐野だが、史料では彼がむやみに人を斬った事例は見いだせないという。幕末の激動のさなか、桐野は神出鬼没の密偵として活躍。薩摩藩の情報戦を支える一方で、藩内に潜入する密偵を探知、排除する防諜活動を行っていたというのだ。

 その諜報活動がもっとも効果を上げたのは一時期激しく敵対していた長州藩に対してだった。有名な赤松小三郎殺害も、防諜活動の一環としての公務だったと思われると指摘。その密偵としての活躍から、維新後の陸軍少将への大出世、そして西南戦争での最期まで。幕末明治のキーパーソンの実像に迫る。

(NHK出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る