「薩摩の密偵桐野利秋」桐野作人著

公開日:

 薩摩藩士・中村半次郎、のちの桐野利秋(1838~77年)の生涯を新たな視点で描く評伝。

 剣客として「人斬り半次郎」の異名を持つ桐野だが、史料では彼がむやみに人を斬った事例は見いだせないという。幕末の激動のさなか、桐野は神出鬼没の密偵として活躍。薩摩藩の情報戦を支える一方で、藩内に潜入する密偵を探知、排除する防諜活動を行っていたというのだ。

 その諜報活動がもっとも効果を上げたのは一時期激しく敵対していた長州藩に対してだった。有名な赤松小三郎殺害も、防諜活動の一環としての公務だったと思われると指摘。その密偵としての活躍から、維新後の陸軍少将への大出世、そして西南戦争での最期まで。幕末明治のキーパーソンの実像に迫る。

(NHK出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る