「薩摩の密偵桐野利秋」桐野作人著

公開日: 更新日:

 薩摩藩士・中村半次郎、のちの桐野利秋(1838~77年)の生涯を新たな視点で描く評伝。

 剣客として「人斬り半次郎」の異名を持つ桐野だが、史料では彼がむやみに人を斬った事例は見いだせないという。幕末の激動のさなか、桐野は神出鬼没の密偵として活躍。薩摩藩の情報戦を支える一方で、藩内に潜入する密偵を探知、排除する防諜活動を行っていたというのだ。

 その諜報活動がもっとも効果を上げたのは一時期激しく敵対していた長州藩に対してだった。有名な赤松小三郎殺害も、防諜活動の一環としての公務だったと思われると指摘。その密偵としての活躍から、維新後の陸軍少将への大出世、そして西南戦争での最期まで。幕末明治のキーパーソンの実像に迫る。

(NHK出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る