「火影に咲く」木内昇著

公開日: 更新日:

 慶応3年、人斬り半次郎という異名をもつ薩摩の城下士、中村半次郎は、京の四条小橋東詰に店を構える村田煙管店に出入りしていた。その店の娘、さとにひかれていたからだ。さとが「中村様は、ほんまに明るいお方やなぁ。お話ししてると楽しいわ」と言ったとき、常に緊張しているために硬くこわばっていた体がゆるりと溶けるように感じた。

 いつしか男女の関係となり、さとの父も一緒になることを望んでいた。半次郎は「おいはまず、おさとを幸せにせんとならん」と考えていたが、坂本龍馬らが暗殺され、京が焼け野原になるという噂が立ったころ、半次郎はさとと写真を撮ろうと思いつく。(「光華」)

 幕末の志士と女たちが生きた一瞬を描く短編集。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る