「火影に咲く」木内昇著

公開日:

 慶応3年、人斬り半次郎という異名をもつ薩摩の城下士、中村半次郎は、京の四条小橋東詰に店を構える村田煙管店に出入りしていた。その店の娘、さとにひかれていたからだ。さとが「中村様は、ほんまに明るいお方やなぁ。お話ししてると楽しいわ」と言ったとき、常に緊張しているために硬くこわばっていた体がゆるりと溶けるように感じた。

 いつしか男女の関係となり、さとの父も一緒になることを望んでいた。半次郎は「おいはまず、おさとを幸せにせんとならん」と考えていたが、坂本龍馬らが暗殺され、京が焼け野原になるという噂が立ったころ、半次郎はさとと写真を撮ろうと思いつく。(「光華」)

 幕末の志士と女たちが生きた一瞬を描く短編集。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る