「聖者が街にやって来た」宇佐美まこと著

公開日: 更新日:

 神奈川県多摩川市の中央に位置する湧新地区は企業誘致に成功し人口が急増、それに伴い犯罪も増えている。この街で花屋を営む小谷桜子。娘の菫子は17歳で、市が主催するミュージカルのオーディションに受かり、来るべき公演に向けて日々練習に励んでいた。そんな折、3人の若い女性が立て続けに襲われる殺人事件が発生。殺害方法は違うが、遺体のそばにはそれぞれに異なる花びらが置かれていた。桜子の高校時代の同級生で刑事の乗松は同一犯の仕業と見抜くが、それ以上の手がかりはなく捜査は暗礁に乗り上げていた。

 街に不穏な空気が漂う中、今度は菫子がストリートギャングに拉致され、危ういところを助け出される。おまけに菫子の出演するミュージカルの音楽監督の与謝野が暴行を受け、意識不明の重体に陥り、ミュージカルの開催が危ぶまれる。花びらが置かれた2件の殺人事件も新たに起こり、事態は混沌を極めていく――。

 柔道の強いオカマ、感情が欠落したマッドサイエンティストなど個性的な人物を配しながら、LGBT、危険ドラッグ、ネグレクトなど、日本社会の暗部を照らし出す長編ミステリー。

(幻冬舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る