「ぼくらの直接民主主義!」甘野雅彦著

公開日: 更新日:

 就職氷河期世代の、いわゆるロストジェネレーションである著者(1973年生まれ)は、日本の現状はディストピア(暗黒郷)であり、「左翼政党が護憲であることは不思議」と言い、経済成長を実現し、富を低所得層を含めた国民各層に分配することで経済的豊かさを実現させようと主張する左派の論客に疑問を呈する。

 そして、消費より人間性を大事にする社会、トップダウンを排したボトムアップ型の社会を目指した直接民主主義が日本を変える、と訴える。

「本書は私なりの左翼復興に向けた書であり、日本が右傾化していく中で、すべての人に公正で優しい日本社会であってほしいという願いを持って書いた」と記している。 (七つ森書館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る