• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「OKINAWA1965」都鳥伸也、都鳥拓也著、佐野亨編

 岩手県北上市を拠点に、「希望のシグナル」など5作品以上のドキュメンタリーの製作に携わってきた双子の兄弟が、表題の映画の撮影を通して出会った人々の証言などから学んだ沖縄の歴史と現在の姿をつづる。

 1965年、米軍トラックによる少女轢殺事件の現場写真を隠し撮りし、沖縄の現実を広く知らしめた女性報道写真家・嬉野京子氏のその後の生きざま。米軍による土地接収反対運動を先導した“沖縄のガンジー”と呼ばれる伊江島の阿波根昌鴻氏の「土地を守る4原則」の思想。

 そして、元衆院議員の古堅実吉氏の「憲法のもと、平和な沖縄を取り戻す戦いは決してあきらめるわけにはいかない」と力強く語る言葉などは、いずれも若い世代が沖縄と向き合うときに心に深く響くにちがいない。 (七つ森書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る