「OKINAWA1965」都鳥伸也、都鳥拓也著、佐野亨編

公開日: 更新日:

 岩手県北上市を拠点に、「希望のシグナル」など5作品以上のドキュメンタリーの製作に携わってきた双子の兄弟が、表題の映画の撮影を通して出会った人々の証言などから学んだ沖縄の歴史と現在の姿をつづる。

 1965年、米軍トラックによる少女轢殺事件の現場写真を隠し撮りし、沖縄の現実を広く知らしめた女性報道写真家・嬉野京子氏のその後の生きざま。米軍による土地接収反対運動を先導した“沖縄のガンジー”と呼ばれる伊江島の阿波根昌鴻氏の「土地を守る4原則」の思想。

 そして、元衆院議員の古堅実吉氏の「憲法のもと、平和な沖縄を取り戻す戦いは決してあきらめるわけにはいかない」と力強く語る言葉などは、いずれも若い世代が沖縄と向き合うときに心に深く響くにちがいない。 (七つ森書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る