• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぐうたら流 有機農業のコツ読本」西村和雄著

 耕地の中には小さな野草の種がたくさん眠っているので、野草を完全に取り除こうとすると30年はかかる。

 除草には子葉が出たらすぐ抜く、地際から刈り取るなどの方法があるが、いちばん簡単なのは、刈った草を作物の周りに敷きつめて、作物の茎や葉が出るまで地面を覆う「草マルチ」である。

 太陽光が地面に届かなくなるため、野草が発芽しないか、モヤシ状態になる。「刈り敷き」はゆっくり分解して養分になる上、夏場の地温が上昇しないので、作物根にとって心地よい。土壌の保水力や排水性も良くなる。

 手間がかかる、収量が低いなどと思われがちな有機農業を簡単にするコツを教えてくれる本。

(七つ森書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る