「大人のための社会科」井手英策、宇野重規、坂井豊貴、松沢裕作著

公開日:  更新日:

「希望」という言葉が頻出するのは大きな災害や戦争の時代で、経済成長や政治改革の時代にはあまり登場しない。「希望」が日本で語られたのは、「格差」と「貧困」が2000年代を語るキーワードとなった時代だった。ドイツのマルクス主義哲学者エルンスト・ブロッホは、希望を「まだ―ない」(Noch―Nicht)ものとして捉えた。そして、ナチス政権下で亡命中の苦しい日々にも、現在の社会の中には来るべき未来を実現する社会的な力が隠されていると考えていた。バラク・オバマは「希望」は政治や民主主義には不可欠のものだと説いたが、その道のりは険しかった。

 社会科学者が12のキーワードから日本社会を読み解く。

(有斐閣 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る