「大人のための社会科」井手英策、宇野重規、坂井豊貴、松沢裕作著

公開日: 更新日:

「希望」という言葉が頻出するのは大きな災害や戦争の時代で、経済成長や政治改革の時代にはあまり登場しない。「希望」が日本で語られたのは、「格差」と「貧困」が2000年代を語るキーワードとなった時代だった。ドイツのマルクス主義哲学者エルンスト・ブロッホは、希望を「まだ―ない」(Noch―Nicht)ものとして捉えた。そして、ナチス政権下で亡命中の苦しい日々にも、現在の社会の中には来るべき未来を実現する社会的な力が隠されていると考えていた。バラク・オバマは「希望」は政治や民主主義には不可欠のものだと説いたが、その道のりは険しかった。

 社会科学者が12のキーワードから日本社会を読み解く。

(有斐閣 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る