「人を襲うハチ」小川原辰雄著

公開日: 更新日:

 世界中で30万種以上、日本だけでも4000種を超えるというハチ。その一部は非常に危険で、毎年20件の死亡事故が報告されている。中でも攻撃性および毒性が強力なのがオオスズメバチだ。地中に巣を作るため、うっかり踏んでしまうと集団で襲ってくる。

 同じく攻撃度が高いキイロスズメバチは、熟した果実や、空き缶に清涼飲料水などが残っているとよく集まるので、誤飲にも注意が必要だ。スズメバチ類は目を攻撃する特性があるため、もし飛んできたら姿勢を低くして目を閉じ、じっとしていることが肝心という。

 40年間にわたりハチ刺し患者を診てきた医師が、被害例から各ハチの生態、刺されたときの処置方法まで詳細に伝えるハチ・リポート。

(山と溪谷社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る