「人を襲うハチ」小川原辰雄著

公開日: 更新日:

 世界中で30万種以上、日本だけでも4000種を超えるというハチ。その一部は非常に危険で、毎年20件の死亡事故が報告されている。中でも攻撃性および毒性が強力なのがオオスズメバチだ。地中に巣を作るため、うっかり踏んでしまうと集団で襲ってくる。

 同じく攻撃度が高いキイロスズメバチは、熟した果実や、空き缶に清涼飲料水などが残っているとよく集まるので、誤飲にも注意が必要だ。スズメバチ類は目を攻撃する特性があるため、もし飛んできたら姿勢を低くして目を閉じ、じっとしていることが肝心という。

 40年間にわたりハチ刺し患者を診てきた医師が、被害例から各ハチの生態、刺されたときの処置方法まで詳細に伝えるハチ・リポート。

(山と溪谷社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る