「ミツバチの会議」トーマス・シーリー著、片岡夏実訳

公開日: 更新日:

■なんと、ミツバチ社会の意思決定は民主主義!

 ミツバチが仲間に情報を伝えるとき、尻を振りながら8の字を描くダンスを行うことは知られている。ここから一歩踏み込み、彼らがどのように集団的な意思決定を行っているかを明らかにするのが、トーマス・シーリー著、片岡夏実訳「ミツバチの会議」(築地書館 2800円)。

 ミツバチ研究の第一人者である生物学者が、ミツバチの生態の中でもとりわけ謎の多い“分蜂”について解き明かしていく。

 分蜂は、初夏に始まる。まず、女王蜂がただ1匹の娘女王を育成する。ある程度まで成長すると、母女王は娘女王に巣を譲り、一部の働き蜂と共に新しい巣作りのために出発する。働き蜂は、木の枝などにコロニーをつくり、母女王蜂を守護しながら新しい巣にふさわしい場所を探すため交代で探索に出かける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る

人気キーワード