• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ミツバチの会議」トーマス・シーリー著、片岡夏実訳

■なんと、ミツバチ社会の意思決定は民主主義!

 ミツバチが仲間に情報を伝えるとき、尻を振りながら8の字を描くダンスを行うことは知られている。ここから一歩踏み込み、彼らがどのように集団的な意思決定を行っているかを明らかにするのが、トーマス・シーリー著、片岡夏実訳「ミツバチの会議」(築地書館 2800円)。

 ミツバチ研究の第一人者である生物学者が、ミツバチの生態の中でもとりわけ謎の多い“分蜂”について解き明かしていく。

 分蜂は、初夏に始まる。まず、女王蜂がただ1匹の娘女王を育成する。ある程度まで成長すると、母女王は娘女王に巣を譲り、一部の働き蜂と共に新しい巣作りのために出発する。働き蜂は、木の枝などにコロニーをつくり、母女王蜂を守護しながら新しい巣にふさわしい場所を探すため交代で探索に出かける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る