「なぜ共働きも専業もしんどいのか」中野円佳著

公開日: 更新日:

 2児を育てながら働いていた著者は、限界を感じ、夫のシンガポール転勤を機に退職し、帯同。そこで出会ったさまざまな多国籍夫婦は、共働きも専業主婦家庭も日本人家庭より余裕があるように見えた。その違いは、シンガポールはすべてにおいて社会が共働き前提であるが、日本は共働き世帯が専業主婦世帯数を追い抜いて20年以上経っても、まだまだ専業主婦前提の社会だからだと指摘する。

 子供が寝る直前まで帰宅できない生活に疑問を抱き仕事を辞めたアヤさんら、子育てと仕事の間で揺れ動く女性たちの実態を取材。専業であれ、共働きであれ、さまざまな負担を女性に押し付けることで社会を回してきた日本社会の循環構造の現実を問うリポート。 (PHP研究所 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る