「最低賃金1500円がつくる仕事と暮らし」後藤道夫、中澤秀一ほか著 福祉国家構想研究会編

公開日: 更新日:

 労働組合は2015年まで最低賃金1000円を目標にしていたが、これは都市部で借家暮らしの場合、約160時間働いても生活保護基準を下回る数字だ。最低賃金が男性の正規労働者とは別の、女性や非正規労働者を対象に考えられてきたためだ。

 だが、日本では最低賃金水準の仕事にしか就けないワーキングプア層が増えている。現在、最低賃金を1500円にして年間1800時間働き、年収270万円で暮らせる社会が提起されている。40代の夫婦と子供2人の家族では年収650万円必要だが、住宅補助費、教育無償化、児童手当の拡充が実現すれば、夫婦共働きで生活できるという。日本の「雇用崩壊」を乗り越えるための提言の書。

(大月書店 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る