いまどきの女子と男子

公開日: 更新日:

「露出する女子、覗き見る女子」三浦展、天笠邦一著

 草食男子に肉食女子。ちかごろはインスタ女子やらオタク女子もいるそうで……。

 誰もかれも自称「女子」の昨今だが、実は世代その他で違いは大きい。連絡手段として中高年にも人気のLINEは24歳以上のすべての世代で既婚女子の利用率が上。逆にツイッターは未婚が上。他方、フェイスブックは収入の多い上流層の利用が多く、収入が低いとツイッターが多くなるという。また話題のインスタグラムは都会的な消費行動の誇示に適する。

 本書はこれらの特徴をもとに「露出志向」「覗き見志向」「オープン」「クローズ」で4象限を描き、それぞれを詳しく分析する。

 たとえばフェイスブック利用者は若者よりおじさんユーザーが多いが、あえてこれを使う少数派の女子は自分がつくり上げたステータスを誇示し、あえて「露出」するのだという。

 逆にインスタの「ストーリー機能」を好む「ストーリー女子」は格差や上流感よりも「若さとポジティブな『中流感』」だ。社会の人間関係に悩む上司にもよさそう。 (筑摩書房 820円+税)

「なぜ、男子は突然、草食化したのか」本川裕著

 若い男といえば余りある体力と性欲というのは昔の話。いまや若い男は草食化し、女のほうが肉食化している。だが何であれ「突然」はないはず。そこで統計の専門家として長年働いた著者が「統計探偵」となって各種の統計データを探索。すると日本生産性本部が毎年の新入社員に行うアンケートの長期データから、「職場以外の生きがい」項目で2000年ごろを境に「親しい異性といるとき」が十数年で半減していたことを発見。さらに日本人のタンパク質摂取量も同時期から急減していた。

 栄養の面でも「草食化」が裏付けられたのだ。 (日本経済新聞出版社 1800円+税)

「日本のポストフェミニズム」菊地夏野著

 ニューヨーク大学の著名なフェミニスト理論家ナンシー・フレイザーは、従来のフェミニズムが世間の認知を得ようとするあまり、資本主義に楽観的過ぎたと反省した。脇の甘さを新自由主義につけこまれたと批判したのである。本書はこれを受けて日本のフェミニズムと資本主義の関わりを考察する。

 フェミニズムは男支配の社会を告発したが、若い女たちに煙たがられた。それが近年の「ポストフェミニズム」では「セクシーな身体」が女性の「権力の源泉」とも定義される。「女子力」は男に媚(こび)を売るわけじゃないが、男目線の価値観を内面化しただけなら本質は同じこと。

 果たしてフェミニズムは現状肯定の屁理屈に堕してしまうのか、その真価を問う理論書。 (大月書店 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る