「怪獣生物学入門」倉谷滋著

公開日: 更新日:

 怪獣映画などに登場するモンスターたちを科学的に考察したサイエンスエッセー。

 怪獣は、我々が知る生物科学の基礎の上に立った「あり得たかもしれない架空の『新種』」なのだと形態進化生物学者の著者は言う。

 例えばゴジラは、ティラノサウルスなどの恐竜の模倣として生まれた。しかし、古生物学の発展で現実の恐竜の姿が変貌したことにより、その後のゴジラは想像上の独自の世界観を構築していったという。他にも、ゴジラが攻撃されても死なない理由とされる「オルガナイザーG1」と呼ばれる「細胞内小器官」の可能性をはじめ、ゴジラとヒトとバラの細胞が融合した怪獣ビオランテなど。その形態や作中の設定などをヒントに各怪獣を生物学的に分析する。

(集英社インターナショナル 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る