「触れることの科学」デイヴィッド・J・リンデン著、岩坂彰訳

公開日: 更新日:

 人は、視覚や聴覚を失った世界は容易に想像することができるが、触覚を失った状態は想像しにくい。五感の中でも最も根源的な、そんな触覚の不思議を解説してくれるサイエンスエッセー。

 コーヒーのホットとアイスによって異なるなど、そのとき、たまたま手に触れていたものが、未知の人物の評価に影響を及ぼす実験例などを紹介しながら、皮膚から神経、脳に至る触感の回路が複雑で奇妙なシステムであることを解き明かしていく。 1秒間に3~10センチの速さで肌をなでられたときに強く興奮するという「なでられて心地よい」という感覚のための専用の神経線維「C触覚線維」や、オーガズムの仕組みから、痛みやかゆみまで。精巧で不思議な触覚のシステムに感嘆。

(河出書房新社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る

人気キーワード