「触れることの科学」デイヴィッド・J・リンデン著、岩坂彰訳

公開日: 更新日:

 人は、視覚や聴覚を失った世界は容易に想像することができるが、触覚を失った状態は想像しにくい。五感の中でも最も根源的な、そんな触覚の不思議を解説してくれるサイエンスエッセー。

 コーヒーのホットとアイスによって異なるなど、そのとき、たまたま手に触れていたものが、未知の人物の評価に影響を及ぼす実験例などを紹介しながら、皮膚から神経、脳に至る触感の回路が複雑で奇妙なシステムであることを解き明かしていく。 1秒間に3~10センチの速さで肌をなでられたときに強く興奮するという「なでられて心地よい」という感覚のための専用の神経線維「C触覚線維」や、オーガズムの仕組みから、痛みやかゆみまで。精巧で不思議な触覚のシステムに感嘆。

(河出書房新社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る